エンジェルナンバー

エンジェルナンバー【7】あなたの進んでいる道は合っています。今のまま進んでいきましょう。

エンジェルナンバー【7】

エンジェルナンバーとは、無意識に視界に飛び込んでくる数字ことを意味します。例えば、電車の時刻表や、携帯の時間、車のナンバープレートなどを指します。

「7」のエンジェルナンバーが持つ意味とは?

エンジェルナンバー7は「あなたの進んでいる道は合っています。今のまま進んでいきましょう。」というメッセージです。

天使
天使
ラッキーセブンというように、数字の「7」はとても幸せな数字なんだよ!

天使たちが、あなたの目標や目的を応援してくれています。

これまでの努力や道のりを、讃えてくれているのでしょう。

この「7」を通して、天使たちはあなたが進む道は正しく、決断力のある人だと伝えています。

占い師
占い師
今進んでいる道で、何か大きな決断に迫られていたとしても、焦る必要はありません。自分を信じて進んでいけば、必ず良い方向に進むでしょう。

「7」は神聖さを示す数字

「7」という数字はとても身近で、1週間も「月」「火」「水」「木」「金」「土」「日」の7日です。

また、さまざまな宗教でも「7」は登場し、神聖な数字でもあります。

キリスト教

キリスト教には「天地創造(天地創造)」といわれる、逸話があります。

ユダヤ教・キリスト教の聖典である旧約聖書「創世記」の冒頭には下記のように、天地創造の様子が書かれています。

創世記 1章1-8節(口語訳聖書)

1.はじめに神は天と地とを創造された。
2.地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
3.神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
4.神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。
5.神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。
6.神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。そのようになった。
7.神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。
8.神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。

出典元:Wikipedia

分かりやすくまとめると、下記のようになります。

1日目 暗闇の中、神は光を作り、昼と夜が生まれた。
2日目 神は空(天)を作り、空の下の水と、空の上の水とを分けた。
3日目 神は大地を作り、海が生まれ、地に植物を生えさせた。
4日目 神は太陽と月と星を作った。
5日目 神は魚と鳥を作った。
6日目 神は獣と家畜を作り、神に似せた男と女をつくった。
7日目 神は世界が完成したことを祝福し、休んだ。

7日目に神が休んだことから、今でもクリスチャンは7日目に当たる日曜日を安息日としているそうです。

また、キリスト教には7体の最も有力な大天使を七大天使とし、天使の中でも特別な存在としています。

七大天使の構成はミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルの四大天使に、三体の天使を加えたものが基本です。

さらに、七つの大罪とされる「高慢」「強欲」「嫉妬」「憤怒」「淫蕩」「怠惰」「貪食」の人間の原罪も7つあります。

仏教

仏教では六道輪廻を巡った7つ目の世界が仏の世界と言われています。

また、仏教では初七日四十九日など「7」に関わる法要が多いです。

四十九日は一見「7」と関係なさそうですが、7×7=49であり、四十九日は、人が魂の状態になってから来世の行き先が決まる重要な日を意味します。

占い師
占い師
このように「7」は、キリスト教と仏教だけを見ても、神聖な数字だということがわかるでしょう。

エンジェルナンバー【7】まとめ

エンジェルナンバー7は「あなたの進んでいる道は合っています。今のまま進んでいきましょう。」というメッセージです。

今進めていることや、挑戦したいと思っていることがあるなら、どんどん初めてみましょう。

天使たちはしっかりとサポートしてくれるため、このチャンスの波に乗れば、あなたには素晴らしい未来が待っています。