心理学

【心理学】デジャヴとは?意味や語源、起こりやすい人、スピリチュアルな意味とは?

れいな
れいな
あっ!今のデジャヴ!
りゅう
りゅう
デジャヴ??デジャヴってどういう意味なの?
れいな
れいな
初めて見るはずなのに、見たことあるみたいなアレよ!

デジャヴとは?

デジャヴとは「実際は初めて体験する事柄であるにもかかわらず、あたかも既にその体験をしたかのような錯覚を起こしてしまう現象」の事で日本語では既視感とも言われる事もあります。

一般の大学生にアンケートした結果、7割以上の人がデジャヴ体験をしており、多くの人が体験している現象と言えます。

りゅう
りゅう
意外とデジャヴを体験してる人は多いんだね!

デジャヴの語源

デジャヴはフランス語の「デジャヴュが語源です。

日本ではフランス語が由来の英語であるデジャブやデジャビューなどとも言われる事もあります。

デジャヴの対義語

デジャヴの対義語に「ジャメヴュ」という言葉もあります。

ジャメヴュとは、既に経験している事柄にもかかわらず、初めて体験しているかのような感覚になる現象です。

デジャヴの使い方

デジャヴの使い方をご紹介します。

りゅう
りゅう
初めて来た場所のはずなのになんか見たことある!デジャヴだ!!
れいな
れいな
本を読んでたらデジャヴだ!!って思ったんだけど、前に見たことある本だったよ~
りゅう
りゅう
昨日も来たし、今日も来たからデジャヴだ!!
れいな
れいな
前もこの話したよね?デジャブじゃん!

悪い例のように1度見たことや訪れた場所、話した物事に対してデジャヴを使うのは間違いです。

デジャヴが起こる原因とは?

デジャヴについてはあらゆる分野で研究され、様々な説が提唱されています。

しかし、現在でもその原因については解明されていません。

りゅう
りゅう
ええっ!?まだ分かっていないなら、もしかして予知能力という可能性もあるのかな!?
教授
教授
確かに解明されていないから、その可能性が無いとは言えないね。よし、じゃあ各分野から発表されているさまざまな説を見てみよう!

無意識の記憶

精神分析学の創始者として知られているジークムント・フロイトによると、デジャヴとは「意識に夢で見た記憶を、実際の経験と勘違いした錯覚によって引き起こされる」としています。

夢で見た事を無意識に記憶しているため、いくら思い出そうとしても思い出す事ができないということです。

左右の目の視覚の差

左右どちらかの目で見た情景を数ミリ秒後の誤差」で、もう片方の目で見る事でデジャヴを感じてしまうという説もあります。

脳の機能障害

公益社団法人日本心理学会の公式ウェブサイトで紹介されている京都大学大学院教育学研究科助教授の楠見孝によると、典型性が高い光景が引き起こす虚再認である事が記述されています。

つまり、よくありがちな光景を見た時に、「脳が誤作動して錯覚を起こしてしまう現象」がデジャヴであるという説です。

予知能力

デジャヴを体験した人の中には、既にその経験をした記憶以外にも「その後に何が起こるかも分かる」という感覚になるケースもあります。

そういう事から、デジャヴは予知能力であるという考えを持っている人も多くいるのです。

スピリチュアルな意味でのデジャヴ

デジャヴを体験した当事者もデジャヴについて説明が出来ず、科学や医学においても確固たるメカニズムの証明に至っていないため、スピリチュアルな意味でのデジャヴを学問的に否定する事はできません。

魂の記憶

デジャヴの経験を「魂の記憶」だとする見方もあります。

本体である自分自身の記憶には無い記憶、つまり魂の記憶である事から、思い出そうとしても思い出せずに、見たことがあるという感覚だけが残るのです。

ハイヤーセルフからのメッセージ

ハイヤーセルフがあなたにメッセージを送っているとも言われています。

  • 前世で犯した過ちを現世では起こさないため
  • この先に起こる災いに備えるためのキーポイントを知らせるため
  • 現世で起こりうる素晴らしい運命的な出来事を知らせるため

目的は色々あれどハイヤーセルフからの何かしらのメッセージであるという見方です。

ハイヤーセルフとは?

ハイヤーセルフとは、前世の自分でもあり、今世の自分でもあり、自分の後へと続く未来の自分でもあります。

つまりは、すべてを含めた自分自身という事です。

デジャヴが起こりやすい人とは?

デジャヴは多くの人が経験していますが、デジャヴが起こる人と起こらない人との違いは何なのでしょうか。

また、起こりやすい人にはどういった違いがあるのでしょうか。

若い人

デジャブは若年層に多くみられ、とくに20歳~30歳台をピークにデジャヴを経験する頻度は下降すると言われています。

ストレスが多い人

あまりにもそのストレスが強すぎると、その不快な記憶を無意識に消し去ってしまう事もあります。

他にも人間の脳はストレスによって様々な影響を及ぼすと言われています。

感受性が豊かな人

感受性が豊かな人の方がデジャヴを体験しやすいとも言われています。

また、感受性が高い人ほど、人間社会では多くのストレスを受けるという事もあり、ストレスは感受性とも密接に関わっているでしょう。

デジャヴまとめ

デジャヴとは「実際は初めて体験する事柄であるにもかかわらず、あたかも既にその体験をしたかのような錯覚を起こしてしまう現象」の事でフランス語が語源の言葉です。

デジャヴについてはまだ、解明されていないことが多く、原因は判明していません。

ですが、若い人やストレスの多い人、感受性豊かな人に多く見られる現象だということが分かっています。

さらに、デジャヴはスピリチュアルな意味でも使われ、ハイヤーセルフからのメッセージとも考えられている現象です。

本記事のチェックポイント
  • デジャヴの意味は既視感を感じる事
  • フランス語が語源
  • 現代の科学ではデジャヴの確固たる原因は不明
  • スピリチュアルな世界では魂からのメッセージ
【心理学】マンデラ効果とは?複数の人が持つ異なる記憶とは?由来や具体的な例をご紹介します。マンデラ効果はマンデラエフェクトとも呼ばれ「不特定多数の人達が実際とは違う記憶を持っていること」を意味します。マンデラ効果の由来やパラレルワールドとの関係性、具体的な例などをご紹介します。...
【心理学】ピーターパン症候群とは?特徴と原因をまとめてご紹介ピーターパン症候群は、 一般的に「年齢としては充分大人なのに、精神的に未熟なままの人」を指していいます。ピーターパン症候群は、学問的な専門用語ではなく、通俗心理学の言葉、つまり一種の流行語のため、明確な定義はありません。本記事ではピーターパン症候群についての詳しい内容やチェックリストをご紹介します。...